産後休暇・育児休業を終え、仕事と育児を両立するwebデザイナーが初めての子育てに役立つ情報を発信していく妊娠・出産・育児ブログです。ベビーグッズの紹介や産休期間に体験した痛みや悩み、妊娠・出産・育児にあたって準備した方がいいもの、赤ちゃんと一緒でも楽しめるお出かけスポットなどを紹介しています。たまにwebお役立ちブログ。
公開日:2018年6月4日

 この記事は約 3 分で読めます。

やってきましたデザインフェスタ2018!(vol.47)

デザインフェスタ
2日間あるうちの2日目に来場。

あいにくの雨と曇り空でしたが会場にはたくさんの人が集まっていました。

我が家は私と子ども(2歳半)で参戦。

普段はベビーカー必須ですが、会場の混み具合を考慮してベビーカーなしのお出かけにしました。

自分の荷物は自分で持ってもらい、電車で1時間半かけてビッグサイトへ向かいます。

お昼は済ませて入場がおすすめ!

ビッグサイト内にも軽食スペースはあります。

が、しかし、子連れの場合はできればお昼ご飯を外で済ませてからの入場がおすすめです。

なにしろ並ぶ。
混む。
小さいお子さんとはぐれたら大変です。

トラブルの元になるような事は少しでも避けるのが吉ですね。

ベビーカーの入場はできる?

できます。
ベビーカーでの移動もできるスペースもあります。

ただ、個人的に以下の場所は避けるべきだと思います。

特にガラスや陶器の制作物がある場所は、ベビーカーはもちろん、できればお子さん連れは避けるべきかなと思います。

うちは2歳児を連れてそのエリアに行きましたが、やはりヒヤリハットが多く、「壊したらどうしよう」「人に迷惑をかけたらどうしよう」という想いが先行してしまい、あまり楽しめませんでした。

それに、子どもが苦手な人は少なからずいるため、お互いに気持ち良くイベントを楽しむための配慮は必要だと感じました。

(我が家は早々に退散しました。)

子連れはキッズスペースやワークショップがおすすめ!

designfesta
既に形ができているものに色を塗るワークショップやトートバッグに自分で絵を描くワークショップ、テラリウム(鑑賞苔)を作るワークショップもありました。

子どもと一緒に大人も楽しめるスペースです。

年中さん~小学生くらいが多かったです。

子ども向けワークショップをやる方は子ども好きさんが多い印象でした。

授乳室はある?

授乳室の有無
あります。

赤ちゃん連れも安心です。

今後子連れ参戦の方も増えるかもしれませんね。

託児所はある?

残念ながらありません。

ビッグサイトに来る前に託児所や家族に預けておきましょう。

デザインフェスタはデザイン好き・雑貨好きがたくさん集まるイベント!

楽しむためにイベントに来ているので、ルールを守って大人も子どもも楽しめる時間にしたいですね!

この記事のキーワード

この記事の著者

多胡祐子
webデザイナー。 産休・育休を取得。現在職場復帰してデザイナーをしています。ベビーグッズを調べたり購入したりのブログを書いてます。
記事一覧
ピアノ教室 イベント 夜泣き 子育て ベビーカー 子連れ旅行 海外旅行 赤ちゃん連れ 産後 習い事 2歳 哺乳瓶 授乳 おむつ お出かけ リトミック 出産 赤ちゃん 母乳 産休 育児 清浄綿 旅行 ヤマハ音楽教室 6ヶ月 音楽教室 ピアノ 子連れ ぷっぷるクラス 陣痛 引越し ミルク 那須どうぶつ王国 絵本 新生児 ハーフバースデー 出産後 無痛分娩 ピジョン アカチャンホンポ