産後休暇・育児休業を終え、仕事と育児を両立するwebデザイナーが初めての子育てに役立つ情報を発信していく妊娠・出産・育児ブログです。ベビーグッズの紹介や産休期間に体験した痛みや悩み、妊娠・出産・育児にあたって準備した方がいいもの、赤ちゃんと一緒でも楽しめるお出かけスポットなどを紹介しています。たまにwebお役立ちブログ。
公開日:2015年9月28日
最終更新日:2016年1月14日

 この記事は約 3 分で読めます。

赤ちゃんのおむつの消費量

産後1ヶ月で必要なおむつの量ってどれくらい?

今回は産後1ヶ月で必要なおむつの量やその他必要な周辺の備品を紹介します。

初めての子育ては、おむつを始めとする消耗品がどのくらい必要かわからないですよね。
「月にかかるおむつ代ってどれくらいだろう…」
「おむつ以外に必要な消耗品って何があるんだろう…」
という不安を解消していきたいと思います!

おむつの消費量

さて、まずは月のおむつの消費量から。
赤ちゃんの個人差やお母さんのおむつを取り替える頻度にもよりますので、だいたいの目安と思って頂ければ幸いです。

・おむつの消費枚数
250〜300枚
・おむつ代
3000円〜4000円

おむつ以外の消耗品

こちらも意外とお金かかります。
では見ていきましょう。

おしりふき

・消費量
400枚〜500枚
・おしりふき代
500円〜600円

おしりふきに関してはまた別の記事で選び方を書いていきたいと思います。

ミルク

ミルク、哺乳瓶
・消費量
300〜500g
・ミルク代
500円〜1000円

完全ミルクだともっとかかります。
母乳とミルク半々にして上記の値段くらいです。

お産パッド

お産パッドって何?って方もいらっしゃるかと思います。
(私がそうでした笑)
お産パッドは悪露(おろ)を受け止めるための大き目のナプキンって感じです。
「じゃあ生理用ナプキンでいいじゃん」
いえいえ、生理用ナプキンだと薄いので、ドロっとした悪露を受け止めきれない事があります。
それに会陰切開を行った場合、傷口に擦れて結構痛いです。
傷口が塞がって悪露の量が落ち着いてくるまではお産パッドの使用をオススメします。

お産パッドの枚数については個人差が大きいかと思いますが、参考までに…。

・枚数
100枚〜200枚
・お産パッド代
3000円〜4000円

清浄綿

傷口の消毒や授乳時の乳首の消毒に使用します。

・枚数
150枚〜200枚
・清浄綿代
1000円前後

沐浴剤

・消費量
50ml
・沐浴剤代
2000円前後

ミルトン消毒液

本体は別に購入して下さい。

・消費量
1本
・ミルトン消毒液代
1000円前後

授乳パッド

これも人によってかなり違うかと思います。

・消費量
30枚(母乳が少ない方)〜100枚以上(母乳が多い方)
・授乳パッド代
400円〜2000円

消費量は個人差が大きい

母乳が出る人や出にくい人、悪露の量が多い人や少ない人…いろんな人がいます。
これは出産してからでないとわからない事なので、出産前の準備の段階では最低限の量を買っておいて、産後様子を見ながら買い足していくのがいいと思います。

また、産院でミルクやおむつ、授乳パッド、お産パッド等、最低限の物はもらえるところもあるので通っている産院に確認してみましょう!

この記事のキーワード

この記事の著者

多胡祐子
多胡祐子
webデザイナー。 産休・育休を取得。現在職場復帰してデザイナーをしています。ベビーグッズを調べたり購入したりのブログを書いてます。
記事一覧
2歳 お出かけ 母乳育児 絵本 おむつ アカチャンホンポ 授乳 出産 陣痛 旅行 新生児 習い事 子育て ハーフバースデー 子連れ ミルク 海外旅行 ヤマハ音楽教室 清浄綿 赤ちゃん連れ 赤ちゃん 出産後 産後 リトミック イベント 母乳 育児 6ヶ月 ベビーカー 子連れ旅行 引越し ピアノ 哺乳瓶 夜泣き ぷっぷるクラス 産休 無痛分娩 ピジョン 那須どうぶつ王国 音楽教室